北海道有珠山西山火口噴火
名所探訪Topへ戻る
Topへ戻る01gif
北海道編にて昭和新山、神仙沼、有珠山「西山火口」噴火後の状況を見る
北海道有珠山-1
昭和新山
神仙沼
西山火口噴火後の状況(一)
西山火口噴火後の状況(二)
昭和新山01jpg
神仙沼01jpg
西山火口噴火後の状況01jpg
西山火口噴火後の状況02jpg
西山火口噴火後の状況(三)
西山火口噴火後の状況(四)
西山火口噴火後の状況(五)
西山火口
西山火口噴火後の状況03jpg
西山火口噴火後の状況04jpg
西山火口噴火後の状況05jpg
有珠山西山火口06jpg

昭和新山 北海道 有珠郡 壮瞥町(国の特別天然記念物に指定)

  昭和18年12月に群発地震が始まり翌年19年6月に麦畑から突然噴煙が上がる。その後2年間に及ぶ火山活動で海抜407mに生成された
その後402メートルに縮んでいるのが確認されている。名の如く昭和時代に新しく火山と指定されたもので、当時は突然に地響きとともに地面が隆起を始めぐんぐん盛り上がり、写真の様な形状になった、但し唯一火山としては噴火爆発による災害が無かった火山なのである。なお、火山としては日本で唯一の個人所有である。

神仙沼 北海道岩内郡共和町前田

 ニセコの高原地帯に所在する神仙沼。高原の山間部にある駐車場を降り細い山道を歩くこと10分位で見渡す限りの枯れ草の草原が広がる
しかし!それは湿原で枯れ草の下はごく浅い沼である。 遠くに白く細長く帯状に見えるのは木製の通路。狭い通路だから通行の際は用心して歩かないと沼に落ち込んでしまう。但し沼と称しても実に浅いもので水深20〜30センチ位の深さでろうか?

有珠山西山火口 北海道虻田郡虻田町

 昭和新山から距離も程近い有珠山。そこから3.5キロ離れた西山地区山麓の国道230号線上で2000年3月31日に噴火が始まった。説明によると有珠山が噴火する日まで洞爺湖周辺はいつもの様に湖畔のホテルや土産店などで観光客で賑わっていた。しかし観光地の直ぐ近くの裏山が地響きと共に突然噴火が始まり写真の様な姿になった(現在は安全宣言が出され現在は一般開放されている)
 写真は道路が噴火により地盤が陥没して降った雨がはけ口が無く池のように水溜まりとなっている。道路は断層によってズレが生じ路面は傾き陥没隆起し道路端の側溝から各所に小さな湯煙も出ている。簡易通路を山手に数分上ると、そこは平らな丘になり左手先方に西山火口。右手に方向に進めば展望所になっており広大な海が見渡せる。


有珠山噴火被害状況

有珠山噴火被害状況01gif

皇居二重橋・浅草寺・三大瀑布華厳の滝
皇居二重橋・浅草寺・三大瀑布華厳の滝01gif

世界遺産日光東照宮
世界遺産日光東照宮01gif

三大瀑布那智の滝・三段壁
三大瀑布那智の滝・三段壁01gif

世界遺産石見銀山
世界遺産石見銀山01gif

山陰の角島と近江島
山陰の角島と青海島01gif

福岡城趾の桜と近場の桜
福岡城趾の桜と近場の桜01gif

九州大分日本一の大吊り橋
九州大分日本一の大吊り橋01gif

九州大分の紅葉名所
九州大分の紅葉名所01gif

九州の名城熊本城
九州の名城熊本城01gif

熊本の隠れた穴場的名所
熊本の隠れた穴場的名所01gif