椎原温泉 割烹旅館みはる荘gif
Topへ戻る
福岡県福岡市早良区椎原1203番地
TEL092-804-2640
 
みはる荘玄関01 みはる荘フロント02
泉質 単純温泉(強アルカリ性)         泉温 28.1℃  (ラドン量が豊富 )
慢性関節リュウマチ・慢性筋肉リュウマチ・神経痛・神経炎・骨及び関節等の運動器障害
・外傷性障害の後療法・他
神経衰弱の興奮型・ヒステリーの興奮型・溢血後の半身不随・不眠症・小児麻痺
動脈硬化症・慢性皮膚病
宿泊 (税込み)

1泊2食 10500円〜12600円   

入浴 3000円以上の食事をすれば入浴可
割烹料理 (税込み) 鶏づくし 3150円 鯉づくし 3150円 ヤマメづくし 3675円
お奨めコース ミックス 3675円〜4725円  フルコース 5250円〜6300円
10名以上  送迎バス有り

椎原温泉 割烹旅館 みはる荘

みはる荘館内ロビー03  福岡市の早良区や西区及び糸島方面から三ツ瀬トンネルを抜けて佐賀に最短距離で通じる国道263号線。その国道から少し入り込んだ静かな山間の渓流沿いに佇む「みはる荘」。
 福岡市では珍しく少しぬるっとした感じのお湯でラドン量も多く含み美肌効果が期待出来るとある。 料理は地元の若鶏を使用した鶏料理に鯉料理などがメインで若鶏の唐揚げや焼き物などが調理したての熱々の状態で運ばれて来る。

 自慢の鶏づくし料理は地元産の若鶏が調理され、肉と皮に濃厚な旨みと甘みがあり、刺身や焼き物、唐揚など、十分に美味しさが堪能できる。鯉の洗いは身が引き締まりシャキッとした歯ごたえと深い甘みがあり、他にナスの田楽焼き等も、かなり美味しい。
なお、 「みはる荘」では食事をすれば風呂にも入浴できる。

風呂

 泉質は単純泉で無色透明だが強アルカリ成分の作用で少しぬるっとした感じのお湯。こぢんまりとした渓流沿いの岩風呂に入ると屋根こそあるが開放的な作りで外に出ると大小様々な岩がゴロゴロと転っている。初夏ともなると渓流には蛍も飛び交う。

 岩風呂とは別に家族風呂としても利用出来る桶風呂があり、小さな子供連れ等にはこちらの風呂が良いかと思われる。
みはる荘岩風呂06
みはる荘桶風呂入口05
みはる荘桶風呂04
  「みはる荘」のお座敷から眺める中庭の眺めも、なかなか綺麗で温かさを感じる。販売品として、みはる荘オリジナルの自家製刺身コンニャクも非常に美味しく!それには柚・海苔・黒胡麻 の3種類がある。また、酢味噌や柚こしょう等も家庭料理にてい楽しめる。
みはる荘中庭08
みはる荘販売品09
みはる荘への道案内011
 宿から山の上の方へ少し上れば近くに陶芸窯元もあり器などの散策も楽しいと思われる。

ルート案内

1. 国道385号線からでは「清水四つ角」から左折 西鉄大橋駅近くの 「芸大前」の信号機で那珂川方面へと右折。
2. 県道31号線からは「井尻六角」を通過して「香蘭短大前」の新幹線高架下も通過「芸大前」が県道の終点となり左折すると国道    385号線となり那珂川方面へ通じる。那珂川町の西鉄バス営業所を通過して間もなく「松尾橋」 その次の信号機から右折して   県道56号線へ。小笠木峠を越えて緩やかな坂道を下ると「大門」の信号機で県道136号線(板屋・椎原方面)の分岐点。そこを   左折(角は消防小屋)

3. 早良区、西区方面からでは国道263号線(佐賀へ至る)の「東入部」信号機を過ぎて間もなく早良平尾。県道136号線へ左折し   て「大門」信号機まで走行 途中で那珂川方面へと同じルートをほんの一部の区間だけ56号線と共用されている。

   「大門」の信号機から道なりに進むと途中から道が狭くなるが、そこはバスも運行されて、しばらくで椎原地区。橋を渡り道が少し   広くなりバス停そのバス停前が「みはる荘」。マイクロバスも2台用意され団体客の送迎等も行われている