脇田温泉ホテル楠水閣gif
Topへ戻る
福岡県若宮市脇田507
TEL 0949-54-0123
 
ホテル楠水閣01jpg ホテル楠水閣表門02jpg
泉質 炭酸硫黄泉 源泉29℃
神経痛・胃腸痛・リウマチ・皮膚病・貧血症・切り傷など
「湯の禅の里」 入浴料金 大人 800円   子供 400円(3才〜小学生)
営業時間 10:30〜23:00 (22時受付終了)
家族風呂 (5室有り) 1室 2300円 平日60分 受付時間 11:00〜22:00 延長30分1000円
  土日祭日50分 受付時間 10:00〜23:00 延長無し
宿泊 各種プラン有り 上記のホームページURLにてご確認ください

脇田温泉 「南楠閣」 露天風呂「湯の禅の里」

 奈良時代から温泉としての歴史をもつ脇田(わきた)温泉は、別名わいた温泉とも呼ばれ所在地は福岡市〜直方を結ぶ県道21号線犬鳴峠の新犬鳴トンネルを抜け犬鳴ダムから数分の所にある。犬鳴川沿いに数軒の宿があり、筑豊炭坑が栄えた頃は歓楽街としても栄えた温泉地。
湯の禅の里入口0105jpg
宿泊は本館の「楠水閣」で露天風呂が少し離れた別棟の「湯の禅の里」となる。湯の禅の里は日帰り入浴としても人気のある風呂で家族風呂向けの貸切風呂は駐車場から坂道を上がった高台に有る。

 なお、駐車場は宿泊客向けとしてはカラー舗装道路の目抜き通りにあり、露天風呂の日帰り入浴向けには目抜き通りの犬鳴川にかかる橋の袂の看板から山手へと坂道を上がった所にある。

露天風呂

「湯の禅の里」受付 庄助の湯 水車風呂 かっぱ湯
湯の禅の里受付025jpg 湯の禅の里露天庄助の湯05jpg 湯の禅の里露天水車風呂013jpg 湯の禅の里露天かっぱ湯010jpg
 
 玄関の格子戸を開け中に入り入浴申し込みをする(入浴客が多い場合は予約して順番を待つ)脱衣場にはスチール製のロッカーが用意され脱衣場から浴場へ入ると直ぐに大きな酒樽が目に入る。その樽の下から湯が流れ出て、これが看板の「庄助の湯」♪おはら庄助さんで有名な唄の文句にあるように、ここの風呂では升酒がお湯に浸かりながら一杯だけ楽しめる。
湯の禅の里露天サウナ風呂023jpg
 泉質は硫黄泉だが無味無臭に近い。湯船は全体が檜で作られ石材に比べると木の感触が柔らかく気持ち良く暖かみがある。湯船には大人10人位が入れる広さであろう(湯温は少しぬるめに設定されている) 「水車の湯」には屋根があり湯加減は少し熱め。 「かっぱの湯」 は岩風呂で比較的浅い風呂で湯温もぬるい。他に天然水の水風呂や サウナもある。

「三十六歌仙の湯」
 
湯の禅の里露天寝湯016jpg湯の禅の里露天十三歌仙之湯018jpg こちらは女性専用の露天風呂となり、こちらも「庄助の湯」と同じく檜風呂になっている。床面には滑り防止策として人口芝生が敷き詰められて転倒防止に役立っている。また直ぐ右隣には屋根付きの寝湯があり、こちらも檜風呂で浅く設計となっている。男性風呂と同じく数種類の風呂がある。



家族風呂 「ひだまり」

湯の禅の里露天貸切風呂027jpg  右端写真は駐車場から坂道を上った所にある家族風呂向け貸切風呂。

食事処
 食事処として「湯の花」、そば処「禅」などがあり休憩処として「遊湯亭」がある。「湯の禅の里」入浴とセット1600円で「湯の花」にて「蟹釜」や「湯の花御膳」など12種類の中から好みのメニューが選べる
「遊湯亭」内には女性専用エステルーム「さくら」もある。その他にほぐし処として「安寿の療庵」があり、こちらでは男性も利用出来る。

脇田温泉「ホテル楠水閣」