阿蘇地獄温泉清風荘gif
Topへ戻る
〒869−1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
TEL 0967-67-0005
FAX 0967-67-1687
清風荘玄関-017 清風荘玄関-017
泉質  (元湯)  単純硫黄泉(硫化水素型)弱酸性 低張性 高温泉   (元湯 66℃ 新湯 41℃
泉質 (すずめの湯)混浴 単純硫黄泉(硫化水素型)酸性 低張性 高温泉 (泉温92℃ 利用温50.8℃
 皮膚病・婦人病・神経痛・筋肉痛・関節痛四十肩・五十肩・腰痛・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身
リュウマチ・くじき・痔・冷え症・慢性消火器病・慢性便秘・動脈硬化症・高血圧症・肥満
糖尿病(高血糖)・痛風(高尿酸)・疲労回復他
入湯料金 400円    
本館宿泊料金 平日 1人 1泊2食 7000円・8000円・9000円 (シーズン) 8400円・9600円・10800円
別館宿泊料金 平日 1人 1〜2名1室 13000円  (シーズン)15000円 3名まで 12400円 (シーズン)14400円
  4名以上 13000円  (シーズン)13800円
湯治料金 1名 2泊まで(3食付き) 6000円 3泊以上 5000円  シーズンは割り増し料金
トレラーハウス 1台 平日 10000円 休前日 16000円 ハイシーズン 19000円(自炊制 バーベキューセット無料

阿蘇地獄温泉 清風荘

 江戸時代より知られた地獄温泉は本館が明治中期に建てられ新しく別館が追加されて60室ある自炊湯治場の温泉である。阿蘇山周辺にある温泉でも高所の自然湧出温泉で、その湯は名前通りの地獄そのものの温泉。九州の秘湯と言えるべき木造の素朴な温泉で連休ともなれば各地から多くの人が訪れ賑わう(阿蘇山火口までは15分位で行ける)

 
当温泉に到着して駐車場で車を降りると辺り一面に硫黄臭がぷ〜んと香り、まさしく本物の湯治場温泉を感じる。
本館元湯
仇討ちの湯入口
露天 仇討ちの湯(女湯)
露天 仇討ちの湯(男湯)
清風荘本館元湯08jpg 仇討ちの湯入口011jpg 清風荘仇討ちの湯014jpg 清風荘仇討ちの湯015jpg
すずめの湯全景
混浴露天 すずめの湯
すずめの湯内湯入口
すずめの湯(男湯)
清風荘すずめの湯全景06jpg 清風荘すずめの湯01jpg すずめの湯内湯入口05jpg 清風荘すずめの湯男湯04jpg
本館 「元湯」 
 この風呂は本館棟続きの中間にある昔から愛用された元祖の風呂、浴場は壁が檜材で湯船や床面に石材が使用され湯船は比較的に深く、どっぷり肩まで疲れる。湯は無色透明に近いが泉質に優れたものがあり湯治目的に訪れる利用者が多い。

「仇討ちの湯」

 案内に従い本館から山手の上へ歩くと男湯と女湯の露天風呂がある 、ここが仇討ちの湯と呼ばれ女湯から男湯が見下ろせる風呂。女湯へは浴場入口から木造の階段を2階へと上がり廊下を歩き 脱衣場へ、衣服を脱ぎ露点風呂へと出ると眼下には男湯が見下ろせる、男湯からは女湯が高所にあり一切見えない造り。
 お湯の色は白濁りの湯で硫黄分の臭いが漂い、湯船は比較的に浅い方であり此処からの眺めは良好。当温泉の人気スポット。

男女混浴露天風呂 
「すずめの湯」 
 本館から歩いて少し坂道を下ると写真にある建物の屋根が見える、そこには男湯と女湯の専用風呂とは別に男女混浴露天風呂がある。専用風呂は小屋造りの素朴な建物で浴場は板壁に囲まれた風呂になり、湯は元湯の色と同じで湯船は深め。
 
 外の屋根付き露天風呂は湯船が幾つかに分かれて熱めの湯の色は白い濁り湯でありながら泥湯でもある、硫黄分の臭いがして、また、ラドンも含有し硫酸イオン値もかなりある。 ぬるめのお湯は酸性でラドン含有値、遊離炭酸値などが熱めのお湯よりいずれも多い。

交通アクセス 及び ルート案内

 JR豊肥線(熊本〜大分)にて立野駅で下車して南阿蘇鉄道に乗り換え阿蘇下田駅にて下車。産交バスにて「垂玉・地獄温泉行き」にて15分
終点にて下車して100メートル。
南阿蘇鉄道   http://www.mt-torokko.com/access/index.html

 高速道路からでは「熊本」インターで下り阿蘇方面へ、「赤水峠まで○○分」の電光掲示板が目に付く(所要時間30〜40分程度) 国道57号線を阿蘇方面へ走行、 大津バイパスが終わると車線が狭くなり車が混雑する。長陽村に入ると上り坂の登坂車線がある( 勾配のきつい登坂車線)終点が「阿蘇大橋」信号機、そこから国道325号線(高千穂・高森方面)へ右折し「阿蘇大橋」を渡り道なりに進む。
 「阿蘇山上・湯の谷」・「栃木温泉」の案内標識の信号機を通過して次が 「垂玉温泉・地獄温泉」の案内標識、そこから左折して道路は狭いが案内に従い道なりに走行すると 人家の多い所で四つ角(信号機は無い所に道案内)から右折して「阿蘇夜峯山」の標高750bへと登る。

阿蘇地獄温泉「清風莊」