雲仙小浜温泉 波の湯「茜」gif
Topへ戻る
長崎県雲仙市小浜町 小浜温泉旅館組合
TEL 0957-74-2672
海上露天風呂看板0312jpg 看板写真03122jpg
天然掛け流し熱量世界一〈105℃〉の温泉地区
泉質 ナトリウム塩化物泉 ( 弱アルカリ性低張性高温泉) 
効能   神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・関節のこわばり・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
入浴  平日 7:00〜10:00 13:00〜20:00
  日祭日 7:00〜12:00 20:00〜21:00
入浴料金 一般 大人 300円  子供 200円  旅館宿泊客 1人 100円

海上露天風呂 波の湯「茜」

波の湯「茜」受付所03161jpg 温泉の情緒漂う湯煙の町中に入と胸がわくわくする時であると共に期待に胸が膨らむものである。温泉街の海岸沿い道路を下り 「雲仙西登山口」交叉点を右折すると小浜温泉旅館組合で運営される海上露天風呂,波の湯「茜」がある。
ちなみに小浜温泉旅館組合の旅館に宿泊すると当温泉に入る入浴券が1枚100円で購入出来る。風呂を利用するための駐車場は無いので近くの町営駐車場を利用する(小浜温泉ターミナルから徒歩5分)


波の湯茜女湯03115jpg波の湯茜男湯03120jpg 入浴は前にある小さな小屋で入湯料を払うか入湯券を渡し防潮堤の合間にある板塀から中に入り直ぐに階段を下ると、そこに脱衣場があり鍵付きロッカーは無く木棚に籠がある。横が直ぐに浴場で右の方へ入ると少しぬるめで左側の隅にある湯の出口付近へ行くと熱い(かなりの高温だ!!)しかし、お湯の上層部はかなり熱いが湯船の下の方はぬるめである。


ふと辺りを見ると湯もみ板が置いてあるのに気づいた、入る前に湯もみ板で撹拌して入れば良かったのであろう。 お湯は源泉掛け流しで湯の出口に注意して手を触れるとかなりの高温だ。指先にちょっと触れる程度にして舐めてみると少し塩分が感じられる。湯の色は殆ど無色透明に近いが肌には滑らかでぬるりとした感じ。大人10人以上はゆっくり入れそうで 目の前は大きなコンクリートテトラポッド、有刺鉄線が張り巡らせてあり、目の前は橘湾が広がる。(海上が時化た場合や悪天候の場合は入浴出来ない事もある

「雲仙西登山口」交差点前 足湯 地獄の釜蒸し場 無料の釜蒸し施設
小浜温泉市街03124jpg

小浜温泉 足湯03159jpg

小浜温泉地獄蒸し03160jpg 小浜温泉地獄蒸し03158jpg

道路案内

長崎自動車道を「諫早」インターで下りて国道57号線の島原・雲仙方面へ案内に従い57号線を下り「愛野」国道分岐から、そのまま直進で小浜へは16キロ(雲仙へは28キロ)。左折は国道251号線で島原へ48キロで途中に「多比良フェリー発着所」がある。熊本の長洲港から有明フェリーで多比良港に渡り国道368号線で雲仙経由にて小浜に入る事も出来る。

雲仙小浜温泉海上露天風呂 波の湯「茜」