天ヶ瀬温泉 みるき〜すぱサンビレッジgif
Topへ戻る
〒879-4202 大分県日田郡天瀬町赤岩108-1
TEL 0973-57-3461
FAX 0973-57-2337
源泉飲用で糖尿病・胃腸病・肥満などに効果あり
みるき〜すぱサンビレッジ玄関01 みるき〜すぱサンビレッジ源泉027
泉質 含硫黄−ナトリウム−塩化物泉
きりき・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・糖尿病・神経痛・筋肉痛・五十肩
運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性他
慢性消化器病・慢性便秘・糖尿病・痛風・便秘
入浴料金 大人 800円 子供400円(小学生)
宿泊 1人 平日 7800円(2名1室) 8800円(3名1室)9800円(4名以上1室) 7月1日〜17日限定料金
  休日前 3150円増し こだわりのおもてなしプラン 15800円〜
日帰り昼食プラン 入浴自由(浴衣、タオル付き) おすすめ善 5000円 びっくり善 3000円 おきがる善 1800円
貸し切り露天風呂 「こもれびの湯」  「倶麗婦」 (有料)

天ヶ瀬温泉 みるき〜すぱサンビレッジ

みるき〜すぱサンビレッジ中庭02 天ヶ瀬温泉は1200年前に開湯された温泉で大分県天ヶ瀬の玖珠川沿いに建ち並ぶ、当館には三つの源泉があり温度も98℃の天然掛け流しの湯。
 なお、ホテル正面玄関前の山側に源泉が湧出している、そこには飲用のひしゃくが用意されてあり試飲してみると、やや熱く少し硫黄臭が感じられた。

 

部屋

みるき〜すぱサンビレッジ客室03  6階の部屋のドアを開けるとそこには2畳の畳敷きがあり左側に和室10畳の間、金庫テレビ完備、それに縁側に椅子とテーブル及び冷蔵庫、ベランダからは緑一杯の玖珠川が見える洗面所も広々二人同時に使用出来るゆったりサイズ、部屋内の風呂もかなり広い浴槽であるトイレも個別に設けられ便座暖房にウオシュレット付き、部屋のエアコンも温度調整は自由に出来る。

 

食事

 和食「あじさいコース」 まず季節の食前酒、落花生豆腐、鶏味噌、けしの実、 呑魚姿寿司、米茄子と豚リブのポトフ風、合鴨治部煮、柚うどん、冬瓜、海老吉野胡麻だれ、蛸しゃぶ梅肉ドレッシング、 ゆかりご飯、季節のデザート等々他 13品目。
 朝食も和食で特に美味しかったのがシジミ貝のみそ汁、これは格別なる美味しさだった。それに味海苔だが山葵海苔でピリリッと辛くて美味しい、それに温泉卵、これもまた美味しい。

大浴場及び 混浴露天風呂

大浴場
男性専用露天風呂〜混浴露天風呂へ
サンビレッジ大浴場08
サンビレッジ大浴場09
サンビレッジ露天風呂013
サンビレッジ混浴露天風呂014

(A) 熱めの露天風呂

(B) ぬるめの露天風呂
貸切露天風呂 木漏れ日の湯
サンビレッジ大浴場011
サンビレッジ露天風呂012
サンビレッジ木もれ日の湯018
サンビレッジ貸切露天風呂更衣室023

大浴場
 廊下の引き戸を開けて脱衣場に入るとスチールロッカーに木製棚に脱衣籠。浴場はとても明るいタイル仕上げで正面が広い展望ガラス張り。広い浴場内にはプーンと硫黄臭が漂う。湯の色は無色透明だが、よく観察すると湯の華が浮遊している。
 湯温は適温で柱型回りに飲泉口がありカップが用意してあり飲んでみると甘味で硫黄臭。露天風呂への出入り口を挟みそこに檜風呂。そのまた横にジェットバスの水風呂があり、隣がサウナ風呂となっている 。

露天風呂
 大浴場から階段を数段下り露天へいくと(B)ぬるめの露天風呂、こちらは浅い湯船で湯温は比較的ぬるめで長湯向けの風呂。その先に10メートルも進むと(A)熱めの露天風呂露(こちらにも屋根付き脱衣場がある)しかし!こちらは熱めのお湯で源泉の出口付近はかなり熱い!源泉の出口付近は熱くて近づけないくらいでもある。
 湯船は浅めで湯は何れも無色透明で風の影響なのか臭いはあまり感じない。こちらにも白い細かな湯の華が浮遊している。

1階 露天風呂  男女混浴 「子宝の湯」
 1階の廊下から一旦2階へ階段を上がり廊下を数メートル歩いて階段を下ると男湯と女湯の入り口がある。女湯は「仇討ちの湯」と称して女性専用風呂が男湯の一段上にある。脱衣場にはロッカーと木製棚に脱衣籠が設置。

一番目の露天風呂
 この露天風呂は背丈より高い上段に板塀に仕切られた女湯がありここが「仇討ちの湯」その先に板塀があり小さな出入口。その先に二番目の露天風呂があり、こちらの風呂は湯の性質が違う!かなりぬるぬる感がするお湯。女湯との段差は既に無くなっており、そのまた先の板塀には混浴と表示、板塀の下の方が少し解放され張られた湯面が混浴風呂と通じて出入口は有るが戸は無い。

 三番目の 混浴風呂 「子宝の湯」へ進んでみると右の方に板戸があり女性専用の風呂と湯面が通じている、こちらも湯船は浅く湯は無色透明で湯の華が浮遊している。
 混浴の一角に巨大な岩の洞窟風呂があるが出入口付近の湯はかなり高温で熱い!出入口付近に源泉の湧出口があるのかと探すが発見出来なかった、洞窟の中に入り流れ落ちる湯に触れてもさほど熱くはなかった。湯には、ぬるぬる感はかなりあり肌のにも潤いが出来て美肌効果が期待出来そう。

貸切露天風呂 「こもれびの湯」
 こちらの露天風呂は予約してから出向いた方が良い。日帰り昼食プランを利用しても別料金支払い露天風呂が利用できる。完全に独立した露天風呂となり全体が岩風呂。この湯には格別に大きな湯の華が浮遊している。湯の色は無色透明だが硫黄臭が漂い静かな木立に囲まれ、小鳥のさえずりを聞きながら、のんびり湯に浸かると温泉浪漫が堪能できる。

お薦め
 1階のフロント前に喫茶コーナーと土産品売り場コーナーがある。こちらのコーヒーを是非飲んで頂きたい、1杯400円だがかなり美味しい!

ルート案内

 高速からでは「日田」インターで下りるか「高塚・天ヶ瀬」インターからも 行けるが時間は大差無いと思われる。「高塚・天ヶ瀬」インターからではインターで下り県道54号線で天ヶ瀬へ下り国道210号線から「湯布院・別府」方面へと進み天ヶ瀬郵便局前を過ぎて更に進むと210号線道路沿い右手に背丈の高いホテルが見えると当ホテルの看板。

みるき〜すぱサンビレッジ