観海寺温泉杉の井ホテルgif
Topへ戻る
〒874-0822  大分県別府市観海寺1
TEL 0977-24-1161
FAX 0977-26-7707
杉の井ホテル042m 眺望露天風呂棚湯-01m
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(塩化物泉)
神経痛・五十肩・関節痛・筋肉痛・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき、慢性消化器病・痔疾・冷え性
病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症
 
宿泊 1人 (平日) 19500円 26400円 28500円 (祝祭日前) 22000円 29550円 31650円
宿泊 2人 (平日) 14850円 16950円 19050円 (祝祭日前) 18000円 20100円 22200円
杉の井パレス 「棚湯」 TEL0977-24-1160  FAX 0977-26-3864
入湯受付     9:00 〜 21:30
入湯料金 大人2000円  子供1000円(4才〜小学生)

別府観海寺温泉 杉の井ホテル&パレス

杉の井ホテル 杉の井パレスの大浴場は斬新とも言える他に類を見ないスタイルの眺望露天風呂 「棚湯」へとニューアル。
 1月3日は駐車場へ入るのもなかなかの混雑で係員の誘導に従いやっと駐車出来た、高速インターから平常は10分程度もあればホテルに入る事ができるのだが25分程度必要であった。


部屋(和洋室)

 部屋は和洋室で2人での宿泊には十分過ぎる広さ。ベットがセットされ、それとは別に床面から一段上がった畳の座敷に座卓やお茶セットが用意されている、部屋に設けられた内風呂、洗面台、トイレ、冷蔵庫等が完備されている。

食事

 夕食はかなりの客が収容できる大広間でのバイキングとなり座席は丸いテーブルと椅子、料理の内容は和食、洋食と色々な料理が用意され自由に好みの料理が選べる。子供連れ家族での食事も子供向けの料理も幅広く用意されている。朝食も大広間でのバイキングとなり和食、洋食と各自の好みで自由に選べる。

眺望露天大浴場 「棚湯」

杉の井ホテル-02 昔とは全く異なる眺望抜群の露天風呂になり別府の町並みや別府湾が一望できる素晴らしい眺めの「棚湯」。昔から何度か訪れた当ホテルの杉の井パレス。以前宿泊した時は今の「棚湯」は存在しなかったが新しい「棚湯」に是非入湯してみたいと訪ねた。

 日帰り入浴は杉の井パレスからの入場となる、土産品売り場から「棚湯」方面へ少し進むと入場ゲート、入湯券を購入してゲートで渡し中へ入ると直ぐ左側に下足ロッカーがあり履き物を中に入れスリッパに履き替える(100円必要)大きめの手荷物がある場合は通路反対の右側にロッカーの大サイズが用意されている。
 エスカレーターか階段で上の階に上がると大演劇場があり色々なショー等が開催されている。

 更に上の階へ上がると「男湯」・「女湯」の大浴場入り口があり入湯券を渡すとバスタオル及び洗面タオルを渡してくれる。 脱衣場のロッカー何処でも自由に使えコインの必要は無い浴場へ入ると内風呂は全面ガラス仕上げの展望浴場になって天草石風の黄色い床石に浴槽は御影石と以前の風呂に比較するとガラリと一新されている。

 「棚湯」は斬新とも言える素晴らしい眺めの風呂へ変身を遂げている!「棚湯」とは山地等に段々畑や棚田として見受けられるそのイメージだ。当温泉は別府市内の高台にあり、なんとも眺める景色が最高に素晴らしい。最上段の湯船に肩まで浸かると前は何も無い断崖の如く見える。一段下の湯船に肩まで浸かると又しても同じく下の湯船は見えずその先は断崖かのような眺望。

 棚湯の最先端に遮る物は何もなく無くまさしく絶景が楽しめる温泉である。湯の質は、肌になめらかな感触で塩化物泉と言えどベタ付き感はほとんど無く、湯の色は無色透明で無味無臭(パレス駐車場付近では硫黄臭が漂ってた)他に樽湯・足湯・ほぐし湯・それに展望サウナがある。

娯楽

 演劇場の広い場内は座敷スタイルで歌謡ショーや芝居の他子供向けの劇など開催されており出入りは自由。他のもゲームコーナーやボーリング場もあり若い人達も大いに楽しめる。それに加え外の別棟にはアクアビートに杉の井ホールもある。

ルート案内

 高速道路「別府」インターを下りて正面の県道11号線を左折して数分走行して県道216号線「観海寺温泉」方面へ再度左折して坂道を下り道なりに下ると右山手に巨大な杉の井ホテルと杉の井パレスがそびえ立つ。「鶴見山霊泉寺」前から右折して山手に坂道を上りホテルとパレスの合間を抜けて右方へ。宿泊用駐車場が手前で、その他は上の駐車場へ。

観海寺温泉「杉の井ホテル」>