山口県下関市豊浦町川棚4912-1
TEL 0837-74-1111
 
本館
川棚グランドホテル客室-01
泉質    ラジウム泉 (含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 )
慢性呼吸器病 ・慢性消化器病 ・ 慢性リュウマチ ・ 神経痛 ・ 婦人病
山頭火 入浴料金

平日 大人 800円  土日祝日 大人1000円 子供 300円

瓦そば入浴セット料金 平日 大人 1400円 土日祝日 大人 1500円   子供 300円
貸切温泉 御殿湯 50分 平日 13:00〜
土日祝日 8:00〜

宿泊の場合  桜・楓 平日 2100円  梅・椿 2625円
入浴のみ   桜・楓 平日 3250円  土日祝日 3775円
                   梅・椿 平日 3775円  土日祝日 4300円

宿泊料金 一泊二食 14700円〜 各種豊富なプランあり 

劇場旅館 川棚グランドホテル  

 明治から昭和にかけての俳人「種田山頭火」がこよなく愛した「川棚温泉」とあり、当ホテルの露天大浴場が「山頭火」と名付けられている。江戸時代には毛利の殿様や長府藩侯からも大事にされたともある。当グランドホテルは2004年8月にリニューアルされて昔のイメージとは違い現代的な作りになり色々なプランが豊富に用意され各自の好みによって利用できる。 

名物「瓦そば」

川棚グランドホテル瓦ソバ01 当地で有名な 「瓦そば」当ホテルに宿泊していない場合は入浴と瓦そばのセット料金が割安!になる。当ホテルの露天大浴場「山頭火」と「瓦そば本店 お多福」にて美味しい「瓦そば」とが楽しめる「瓦そば」限らず他にも新鮮な海鮮料理も楽しめるが、大半の人が「瓦そば」を必ず注文すると言っても過言でない。

 「瓦そば」は瓦に2人分のそばが盛られて出されるが、瓦で焼かれ香ばしくパリッと焼けたそばの食感がすこぶるよろしい!、新鮮な刺身は身もコリコリして美味しく「ウニご飯のセット」もけっこう美味しい!。
 
 人それぞれ食の好みは違うのが大半の人が美味しいと評価するだろうから当地人気のグルメスポットでもあり!大勢の人が行列を作り順番を待っている。

露天大浴場 「山頭火」

川棚グランドホテル露天風呂「山頭火」01  大浴場は石材を使用した縦長の形状で外側が一面が総ガラス張りになっている。外へ出ると露天大浴場があり写真で見られるような現代的な造りになって、お湯は無色透明の無味無臭で美肌や老化防止に効果があるとされる。

 ラジウム泉とは身体に悪影響の無い程度の微量の放射能を含み、お湯に浸かるとその成分が皮膚から浸透して身体の細胞に刺激を与え細胞が活発に働く作用があると言われる。
 
 お湯に浸かってみると肌に馴染みやすくて、じっくりとお湯に浸かっていられる。故に冬時期は身体の芯まで温まり長く保温効果も続くみたいである。 当温泉は清潔感もあり素晴らしく気持ちの良い風呂である。

貸切温泉 「御殿湯」

川棚グランドホテル御殿湯01 元禄6年に毛利氏が川棚温泉に御殿湯を設けられ、その後も代々の藩主が入湯されたとされ、その由来に 基づき「御殿湯」と名付けられたとされる。

 

 

 

ルート案内

 下関方面からでは国道191号線を川棚方面へ北上し町中を抜けると景色は左手に響灘を見ながらの海岸沿いへと変わる。JR山陰線が右側を並走し、その海岸沿を過ぎると平地の景色が続きやがてJR「川棚温泉」駅前に差し掛かる、そこから右折して概ね3分位の距離。五月の連休時期ともなると大勢の人が訪れるので当地へ訪れる場合は時間に十分に余裕を持って出かけられたい。

観光スポット

角島大橋−03855 川棚温泉から国道191号線を北上すると日本海の暖流と寒流が ぶつかり合い見事に左右に分かれる角島(つのしま)大橋がある。
 その光景は陸側の海岸から海の向こうへ一直線にさざ波が立ち綺麗に分かれて見えるものである。カメラに納めたいところだが角島大橋は道路上停車する事はできない。
 
 
 角島大橋から更に北上すると漁港として名高い千崎漁港があるが、ここで多くの観光客が水産物などの土産を購入するものである。

青海島-03889 当地から左折して絶景の岩礁海岸が見られる 青海島(おうみじま)があるが、遊覧船で岩礁見物やダイビングスポットとして有名委で多くのマニアが訪れる。

 

川棚グランドホテルgif
TOPへ戻る

川棚グランドホテル